HOME > 電子書籍の作成とウェブ掲載でのQ&A

電子書籍の作成とウェブ掲載でのQ&A

Q01.

既存の図書館の目的に加えて著者・執筆者の出版時の「熱い思い」を実現するという、日本電子書籍館の基本的な意図はよくわかります。しかし、「立ち読み」形式の内容をみて、さらに全体の内容を見たいと思った場合にはそれを見ることが可能ですか。

A01.

可能です。 弊館は基本的に図書館であって書籍の販売を主たる目的とする社団法人ではありませんが、全内容を確認する場合や書籍のデータをプリンターで出力する場合には有償となるものもございます。また、Amazon KindleストアやDLマーケットなどで購入できるものもございます。

Q02.

ブックリーダーでよく読まれているのが、EPUBとPDF形式の電子書籍だとききます。日本電子書籍館のサイトでは、このEPUBとPDF形式のどちらの形式を採用されているのですか。またその違いを教えてください。

A02.

弊館は他の電子書籍出版会社とは異なり、EPUB形式のみの電子化といったことはしておらずいずれの形式の電子化も可能です。搬入された資料・データを弊館に併設した「電子書籍振興会」で、それが弊館の掲載使用になっているか等を含めて検討し、最もふさわしい形式で電子書籍(データ)化をしております。もっともここでは、EPUBとPDF形式についての必要な限りでの説明に留めますが、EPUB形式は画面の大きさに合わせてコンテンツの表示を調整できる「リフロー機能」を持っているのに対して、PDF形式は印刷可能なあらゆるドキュメントを、異なるコンピュータの環境下でも忠実に再現・表示できるという特徴を持っています。このことからEPUB形式は小説など文字主体の書籍に、一方PDF形式は画像や複雑なレイアウトをもつ書籍の電子化に適しているといえます。

Q03.

掲載を希望しているのは書籍ではなく手書き原稿なのですが、これを電子書籍として日本電子書籍館のウェブ上に掲載できますか。

A03.

弊館は既刊本の電子化をメインにしていますが、手書き原稿など、まだ書籍化されていない場合でも弊館併設の「電子書籍振興会」で安価に、原稿を読みやすく編集し、電子書籍化いたします。手書き原稿も編集されて読みやすい状態で読めるということが大切です。書籍用にデータ化していただいた段階で改めてご相談ください。

Q04.

掲載を希望している書籍・既刊本には、ISBNやバーコードなどはついていません。それにその中にはカラーや数式、また現在未使用の文字などが入っていますが、電子化は可能でしょうか。そしてまたこの書籍を電子化するのに、莫大な費用がかかるのでしょうか。

A04.

特に出版が古く、ISBNやバーコードもなければ読みやすく編集されてもいない場合や、複雑な図形やカラー、数式、また現在未使用の文字などが入っているといった場合などもあるかと思います。通常、書籍の運営・管理は、ISBNで管理されており、やはり電子書籍の場合もISBNは必要不可欠です(ついていない場合は、弊館併設の「電子書籍振興会」で取得します)。搬入された書籍を弊館併設の「電子書籍振興会」で、確認して最適な形式で電子化します。見積書を作成してご本人に送付し、それをご確認いただき、合意がとれてから作業に入ります。それまでは無料ですので、お気軽にご相談ください。

Q05.

日本電子書籍館のウェブサイト上に掲載の書籍を、Amazon KindleストアやDLマーケットなどでは販売してはいただけないのですか。

A05.

弊館は社会・教育的貢献を基に設立運営されており、無料での「立ち読み」の形式が主ですが、全内容の購読には「パスワード」が必要となる形式をとっているものもあります。購読者や、著者・執筆者の強いご希望を受け、Amazon KindleストアやDLマーケットなどと契約して、積極的にデータではなく原著の販売も推進しております。