HOME > ご利用案内 > 日本初の電子書籍館の理念

ご利用案内

日本電子書籍館の理念

ご承知のように書籍(含電子書籍)の基本的な使命は、さまざまな、健全な読者への知的渇望に対応することです。ところがこれまで出版された長年の研究成果や理論、卓越したアイデア、貴重な体験等をつづられたそれらの書籍も、残念ながら日時の経過とともに絶版になるなどで、書店での購入はおろか図書館ですら見ることが難しくなっているのが実情です。

日本電子書籍館は国立国会図書館の「真理がわれらを自由にする」という理念を礎に、IT化や大学や学会等の学術誌、研究誌の無料化を踏まえ、これまで出版されてきた書籍(単行本)を電子化(PDFやEPUB形式)して、「立ち読み」の形式でその内容の一部を無料で読者に公開してまいりました。これまでどの図書館も資料の収集・整理とその公開に主力を置いて運営してきたものの、その他方で、著者・執筆者が出版に寄せていた、今一つの「熱い思い」が充分に満たされていませんでした。この現実を受け止め、書籍の教育的、社会的使命の遂行、普及だけでなく、今まで重視されてこなかったもう一つの「思い」、つまり「販売」も兼ねることを実現いたしました。弊館はこうした趣旨のもとに設立されたウェブサイト上の電子書籍の図書館です。

設立趣旨をご理解いただき、既刊書の電子化とその販売によって、その基本的、本来的な意義を著者の方々と一緒に追及してまいりたいと存じます。