HOME > 書籍の電子化について > 電子書籍化までの工程と費用

ご利用案内

書籍の電子化について

電子書籍化までの工程と費用

弊館は既刊本(単行本)の電子書籍データ化された書籍のウェブ掲載・管理をメインとしています。が、弊館併設の「電子書籍振興会」により、ISBNのない書籍や手書き原稿も規定の様式で電子書籍化しております。お気軽にご相談ください。

1、入稿 通常は既刊本を1冊搬入いただきます。(搬入いただいた書籍は原則として返本いたしませんので、ご了解ください。)

2、電子化 1、規定の様式の書籍データおよび既刊本の場合は、関係各位との電子化、ウェブ掲載の合意確認後に作業に入ります (見積りは無料です。合意に至らなかった場合は、搬入いただいた書籍等は返本しますので、ご安心ください)。 2、手書き原稿などの場合は、原稿を読みやすく編集する必要があり、電子化の工程に先立ち編集作業の工程が入ります(見積りを作成して送付しますので、その費用をご確認ください。合意を持って電子化の工程に入りますので、それまでは無料です)。

3、費用・日程 1、規定の版下データと既刊本の場合
ページや判の大きさにより若干異なりますが、出版社より掲載の承諾などを取得後、2週間程でウェブ上に掲載されます。
2、上記以外の場合
上記のほかに、書籍作りの費用と日程が加算されます。

4、ウェブ掲載について 規定の版下データ、既刊本の場合は、ウェブ上への掲載に先立って著作権、出版権などの確認が必要です。それらがクリアになった時点で、掲載が可能となります。 上述以外の場合は、書籍化などの工程と同時併行で著作権、出版権の確認を行います。

5、電子書籍の納品と委託販売 *ご希望によって電子書籍データをAmazon KindleストアやDLマーケットでの委託販売に加えて、そのデータをご指定先に納品します。その納品を持って完了となります。