HOME > ご利用案内 > 電子書籍館の基本方針

ご利用案内

日本電子書籍館

運営の基本指針 電子書籍化と販売の一体的な運営

日本電子書籍館は国立国会図書館が理念とする「真理がわれらを自由にする」を運営の根底に、日本初の電子書籍館を目指して様々な書籍をPDFまたはEPUB形式にデータ化して、無料で「立ち読み」の形式で一部の内容を公開しております。単に既刊本や未刊本をデータとしてサイト上に掲載して公開するだけでなく、それらをAmazon Kindleストアなどと契約して世界の読者を視野に、積極的に販売してほしいといった多くのご要望を受け、新たにそれに向けての活動を展開することになりました。。


日本電子書籍館では
  1. 既刊本(単行本)を電子書籍としてPDFまたはフリップブック、EPUB形式で全ページをデータ化するとともに、「立ち読み」の形式で、その一部を無料でサイト上に掲載して公開しています。このことでその書籍の宣伝、普及とともに、多くの方に著者の思いを伝えられます。
  2. 取扱い書籍・ジャンルは、学術的、文化的なあらゆる分野、内容です。ご希望の書籍の内容を拝見して、公序良俗、社会道徳規範に反しない限り、基本的にはサイトに掲載致します。
  3. 図書館が本来期待されている教育的、社会的使命を重視して、誰でも、どこからでも、無料でその一部の内容を基本的には閲覧できるにようにします。(全ページの閲覧、および印刷する場合は有料)Amazon Kindleストアなどにも委託販売できます。
  4. 手書き原稿など、まだ書籍化されていない場合でも弊館併設の「電子書籍振興会」で安価に、原稿を読みやすく編集し、電子書籍化いたします。(※見積りは無料です。)
  5. 既刊本や絶版書籍などを電子データとして蘇らせるだけではなく、弊館での掲載に加えて委託販売で、書籍の宣伝、普及とともに、新たに原物書籍の購買意欲を促します。
  6. 各種データ化に加えて、弊館との委託販売契約によって、出版書籍を入手して読むことが難しかった方、海外の方にもその書籍や関連書籍の購読を促します。(※委託販売は、別途契約が必要です。)

注)書籍は著作権によって保護されています。お客様からご依頼を頂いた書籍でも、著作者などの許可が得られていない場合はお断りさせていただきます。他者への譲渡や販売など不特定多数の方が閲覧できる状態にされた場合、著作権法違反になり処罰されます。そのような場合、弊館では一切の責任は負いかねます。