HOME > 書籍の電子化について > 電子書籍化までの工程と費用

ご利用案内

書籍の電子化について

電子書籍化までの工程と費用

弊館は既刊本の電子書籍データ化された書籍のサイト掲載・管理をメインとしていますが、弊館併設の「電子書籍振興会」により、ISBNのない書籍や手書き原稿も規定の様式で電子書籍化しております。お気軽にご相談ください。

1、入稿 既刊本を1冊弊社にお送りいただくか、既刊本を製本した際の版下データをお持ちの場合はそちらをお送りください。

2、電子化 1、規定の版下データ、既刊本の場合は、掲載に先立って著作権、出版権などの確認が必要です。それらをクリアし、関係各位の合意確認後に作業に入ります。
既刊本(紙)の場合はスキャンによるPDF形式にするか、データをおこして編集などの作業をしなおしてEPUB形式にするかを決めていただきます。規定のデータをお持ちの場合は、EPUB形式での電子書籍データの作成をお勧めします。
2、手書き原稿、テキストなどの場合は、まずは原稿を読みやすく編集する必要があり、電子化の工程に先立ち編集・校正の工程が入ります。

3、費用 1、規定の版下データと既刊本の場合
既刊本の場合は本の状態、ページ数。版下データの場合はページ数、図、写真やイラストの数。また完成ファイルをPDFかEPUB形式にするかなどで異なりますので、まずはお見積りさせていただきます。
※お見積りをご確認いただき、契約される場合には、お送りいただいた本は制作作業に必要になるためお返しできません。契約されない場合には、お送りいただいた本は返送いたしますのでので、ご安心ください。

(参考)
・既刊本(紙)
[200頁 文章メイン 写真数点 編集なし PDF形式]:サイト掲載料込 5万円(税抜)~
・規定データ 
[200頁 文章メイン 写真数点 編集なし EPUB形式]:サイト掲載料込 7万円(税抜)~

2、手書き原稿やテキストなどの場合
原稿の編集や校正作業がまず必要になります。内容などの確認が必要になるため、原稿のコピーを1部お送りください。お見積りを作成して送付させていただきます。

4、日程 1、規定の版下データと既刊本の場合
作業開始後、おおよそ2週間でサイトに掲載されます。
2、手書き原稿やテキストなどの場合
編集や校正の必要度合いにより大きく異なるため、お見積りの際にご提示させていただきます。

5、納品と委託販売 完成した電子データはご指定先に納品します。その納品を持って完了となります。※ご希望によって電子書籍データ(EPUB形式のみ)をAmazon Kindleストアでの委託販売もいたします。